committee 3.0.0.alphaとOpenAPI3対応状況

committee 3.0.0.alphaとOpenAPI3対応状況

このエントリーをはてなブックマークに追加
committeeの3.0.0.alphaがリリースされました。 OpenAPI3対応とそれに伴う大規模なリファクタリングが入っています。 手元

小さい組織でMicroservices Architectureは止めた方がいい

このエントリーをはてなブックマークに追加
この投稿はMicroservices Advent Calendar 2018 19日目の投稿です。 簡単なまとめ マイクロサービスの大きな利点は、 チームに権限と責任を委譲することで
検索結果の良さを計測して定量的に改善していく話をDevelopers Boostで話しました

検索結果の良さを計測して定量的に改善していく話をDevelopers Boostで話しました

このエントリーをはてなブックマークに追加
12/15日に開かれたDevelopers Boostというイベントで、検索結果の良さを計測して定量的に改善していくという内容で発表をさせて頂

Developers Boostで検索結果の良さを計測して定量的に改善していく話をします

このエントリーをはてなブックマークに追加
12/15日にDevelopers Boostというイベントが開かれますが、こちらで検索結果の良さを計測して定量的に改善していくという内容で講
committee 3.0とOpenAPI3対応方針

committee 3.0とOpenAPI3対応方針

このエントリーをはてなブックマークに追加
RubyでOpenAPIやJSON Hyper-Schemaを使い、リクエスト・レスポンスバリデーションができるcommitteeのコミッター

ヒヤリハットの対義語はヤハリヒットなのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
結論 Web上の2016/10/22以前のページをすべて調べた(数十ページなので) ヒヤリハットの対義語としている文献はなさそう ヤハリヒットとい

JSON Hyper-SchemaからOpenAPI3に変換するスクリプトを作った

このエントリーをはてなブックマークに追加
JSON Hyper-SchemaからOpenAPI3に変換するスクリプトを作りました。 一旦はOpenAPI3でエラーのない状態に変換できます 残念な

技術書典5で本を3冊出しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

10/8の技術書典5で関わった本を3冊出しました。
お買い求めくださった方、ありがとうございます。

また、マイクロサービス本とFlutter本はBOOTHでも販売していますのでどうぞ。
また、既刊のマイクロサービス本もBOOTHで販売中です。

Microservices architecture よろず本 その二 - ota42y - BOOTH(同人誌通販・ダウンロード)
How to Develop Flutter Apps - ota42y - BOOTH(同人誌通販・ダウンロード)
Microservices architecture よろず本 - ota42y - BOOTH(同人誌通販・ダウンロード)

なお、マイクロサービス本はリアルに私に合う人であれば、紙の本も少数ですが販売します。

技術書典5で本が3冊出ます

このエントリーをはてなブックマークに追加

10/8の技術書典5で関わった本が3冊でます。

技術書典5で私が何故か3サークルの運営に関与していたので…

Amazon Web Servicesサーバーレスレシピ という本を出します

このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon Web Servicesサーバーレスレシピ という本が明日10/5に出ます。

元々技術書典で書いた本を更に加筆修正したものになります。