node.js+mocha+coffeescriptな環境で開発をしていたところ、
IntelliJ IDEAの設定方法が調べても無かったのでメモ。

Node.jsプラグインのインストール

Node.jsプラグインは公式から提供されています。
そのため、IntelliJ のPreferences からPluginsを選び、
NodeJSプラグインを選択するだけでインストール出来ます。

ビルド設定

以下の画像の通りです。

設定画像

  • Node interpreter
    node.jsの実行ファイルの位置を設定します。
  • working directory
    対象のディレクトリ
  • Mocha package
    Mochaの実行ファイルの位置
  • Extra Mocha options
    Mochaの設定を指定します 詳しくは後述
  • Test Directory
    Mochaのテストが入っている場所

Mochaのオプション

私の環境では主に次のような設定をしています、

  • coffeescriptを利用している
  • spec形式で出力
  • 共通で読み込むファイルがある

これは、以下のオプションを入れることで実現できます。

--compilers
coffee:coffee-script/register
--reporter
spec
--require
coffee-script
--require
test/test_helper.coffee
--colors

問題点

以上で設定は終わりですが、いくつか問題点があります。

  • デバッガが動かない
    coffeescriptから変換してるので、
    ブレークポイントがうまく動きません
  • エラーになったテストに飛べない
    テストがエラーになったとしても、そのテストの位置に飛ぶ機能がありません。
    最も、IDEを使わずに開発している時と同じく、
    テストメッセージを頼りにテストファイルに移動すればいいので、
    大きな問題ではありませんが。
このエントリーをはてなブックマークに追加