Webブラウザから、接続されているArduinoの値を取りたいのですが、
当然ながらブラウザ本体やJavascriptにはそんな機能はありません。

そこで、Arduinoの制御をやるWebサーバをローカルに立てて、
そこに向けて通信すれば、ブラウザからもArduinoの制御ができるのでは?
と考えたところ、既にそのようなものがありました。

試した結果をまとめます。

noduino

http://semu.github.io/noduino/
Node.jsでArduinoを制御できます。 duinoというNode.jsからArduinoに接続するライブラリを利用し、
Webサーバとして扱えるようにしているものみたいです。

かなりいろいろな事ができ、使いやすいように作られていますが、
ブラウザから制御するのはかなり苦労します。 ですが、Node.jsで実行する前提ならば、
簡単でいろいろなことができるため最適だと思います。

Serialport-server

http://shokai.github.io/serialport-server/
RubyからArduinoにアクセスし、その結果を返すサーバです。
noduinoに比べるとできることは少ないですが、
サンプルがちゃんと動き、Webブラウザから簡単に値がとれそうです。


というわけで、ブラウザからArduinoを制御する場合は、
Serialport-serverが良さそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加