gxuiは、GoogleによるGo製のクロスプラットフォームなGUIライブラリです。
WindowsへのインストールはGoの環境を整えるところでだいぶ大変だったので、手順を書いておきます。
なお、一部の依存ライブラリが64bitに対応していないため、すべて32bit版を使います。

Go言語の環境構築

Go本体に加えて、依存ライブラリのためにgcc,hg,gitが必要になります。
元々SouceTreeがgitとhgを内部に持って、しかもコンソールまで提供していたのでそれを使っていましたが、
mingwのgccを認識してくれないため、コマンドライン版をインストールし直しました。

VCSのインストール

git(http://git-scm.com/)とmercurial(http://mercurial.selenic.com/)をインストールします。
gitの場合、git bash onlyではなく、コマンドラインからも使えるようにしてください

mingwのインストール

http://sourceforge.net/projects/mingw/からmingwを入れ、
mingw32-baseとmingw32-gcc-g++にチェックを入れて、メニューのInstallationからApply Changesを選択します。

なお、Goの64bitとmingwの64bitを使ったところ、glfwのインストール時にサポートしてないよって言われました。
これは両方とも32bitに揃えることで回避できました。

コマンドラインからgccが使えるようになっていれば大丈夫です。

gxuiのインストール

gxuiと4つの依存するパッケージをインストールします。

go get http://github.com/google/gxui
go get http://code.google.com/p/freetype-go/freetype/raster
go get http://code.google.com/p/freetype-go/freetype/truetype
go get http://github.com/go-gl/gl/v3.2-core/gl
go get http://github.com/go-gl/glfw/v3.1/glfw

これだけでインストールはおしまいです。 gxui内のsample/下にあるサンプルを動かして確認をしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加