C++入出力の書式を制御する

c++でstreamを使って出力する場合、iomanipに用意されているものを利用することで、
入出力の書式を制御することが出来ます。

設定はstreamに対して設定用のオブジェクトを送るように設定するみたいです。
なお、以下は出力の例です。

#include <iostream>
#include <iomanip>

int main(void) {
  double a = 25252;
  int p = 2;

  std::cout << a << std::endl; // 25252
  std::cout << std::setprecision(p); //浮動小数点の有効桁数を指定する
  std::cout << a << std::endl; // 2.5e+04

  std::cout << std::oct; // 8進数表示
  std::cout << 874 << std::endl; // 1552

  std::cout << std::showbase; // 基数を表示する
  std::cout << std::hex; // 16進数表示
  std::cout << 874 << std::endl; // 0x36a
  return 0;
}
このエントリーをはてなブックマークに追加