Todo.txtは思想は良いけど実際使うと微妙

Todo.txt テキストオンリーでTodo管理ができる手法です。
ファイルをDropboxに置くことで、
どこでも同期してTodo管理ができるようになります。

本当に単なるテキストなので管理が簡単で、エディタで編集も容易です。
コマンドラインから条件を指定して表示できるのも便利で良い感じでした。
RTM CLIのオフライン版みたいな使い勝手です。

ただし、サブタスクが使えないという問題があります。 一応プラグインとして用意されてはいますが、
そうすると他のプラグインが使えなくなってしまうため、別の問題が発生してしまいます。

このテキストベースという考え方はすごく良く、かつ作るのもそんなに大変じゃなさそうなので、
自分で作ってみた方が早そうです。

Windown on Linuxで開発環境を整える

Windowsで開発環境を整えるのは恐ろしく大変です。
幸いなことに私のWindowsマシンは十分なスペックがあるため、
VMware上にLinuxを立てて、SSHとファイル共有でしのぐことにしました。

IDEとかはWindows側で動かしているため、IDEの実行ボタンが使えなくなるのがかなりつらいですが、
Windows上で開発するよりかは幾分マシになっていると思います。

ただし、IDEからデバッガが使えないため、そのあたりでつらい現実が待っている気がします。
実行環境はリモートで、みたいなことができれば良いのですが…

普段ターミナルでしか作業をしないのであれば、ターミナルの中が変わるだけなので問題ないと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加